文章を書いても書いても仕上げられない時の対処法とは?

Webライティング

おはようございます!

成宮です^^

 

 

土曜日から、実家のある青森に

行っておりまして

昨日岩手に帰ってきました。

 

 

家で一息つこうと思ったら

「シャボン玉したい!」

と、長男。

 

 

実家でさんざん遊び倒していましたが。笑

ホント、子供は元気ですね!

もう少しゆっくり過ごしてくれても

いいんですけどね。笑

 

 

さて。。。

先日Facebookメッセンジャーで

ご質問があったのですが

「副業で時間が無い中

どうやって毎日投稿しているの?」

 

 

といった内容でした。

コレ、よくお会いする人からも聞かれます。

 

 

意識していることは

書ききれないほどありますが。。。

 

 

1つ、丁寧だったり

しっかり書こうとする人ほど

陥りがちなことがあります。

 

 

言葉の使い方や表現の仕方、

誤字脱字などが気になって

直してばかりで書き進められない。。。

 

 

書いては直して、書いては直して。

時間ばかり経ってしまうケースですね。

私も経験済みです^^

 

 

これに対してアドバイスするとしたら。。。

 

 

―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
どんなに見苦しくても、一旦書き上げる
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

 

 

友人と話をしている時に

何度も表現を言い換えたり

「今の言葉、訂正!」

と言い直したりすることって

何度もしないですよね。

 

 

ですが、文章になると、

それができてしまいます。

 

 

書きながら誤字脱字を直したり

表現を悩んで変えてみたり。。。

“書くこと”と“修正”を

どちらも一緒にしている

とっても思考のエネルギーを使います。

 

 

だから、ライティングの効率が下がって全然進まなかったり

途中で疲れて書けなくなってしまいます。

 

 

言い回しや、言葉使い。

実は気になっているのは自分だけで、

他の人は気にならない部分がほとんどです。

 

 

それを、ジャケットや上着を

裏表“逆さま”に着ているような

感覚で気にしていると

いつまで経っても外に出られませんよね。。。

 

 

もっと自分の中にあるハードルを

下げる必要があります。

 

 

新聞や論文などお堅い文書を

書いているわけではありません。

 

 

優先順位が高いのは、

些細な誤字脱字、表現を気にするより

伝えたい人に届けるために表に出すこと。

 

 

なので、私は最後まで書き上げてから

少し時間を置いて、

客観的に見れる状態でチェックします。

 

 

まずはどんどん、言葉にしていきましょう^^

 

 

あなたのメッセージを、楽しみにしている人がいます。

 

 

それでは、今日も応援しています^^

 

 

Webライティング

LINE@でもお役に立つ情報を
お伝えしています!

↓友達追加はコチラから↓

友だち追加

成宮 隼をフォローする
世界観コーチング 副業スタートアップ講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました