「あなたらしさ」がある文章を書くために大切なこととは?

Webライティング

小さな強みを大きなブランドに変える

副業スタートサポーター

成宮です^^

 

 

数年前、初めて

ブログを書き始めた時の話です。

 

 

Web上に自分が書いた文章を

投稿するなんて初めてで

何をどう書くかも

分からない時でした。汗

 

 

まず考え込んだのは

“口調”ですね。

「ですます調」にするか

「だ・である調」にするか。。。

「私」と呼ぶか、「僕」と呼ぶか。。。

 

 

すごく細かいですが

こんなところから

気になってしまって

めちゃくちゃ考えていました。笑

 

 

こんな内容のものを

こんな人に向けて書きたい

という想いはありましたが、

 

 

ただ、自分のキャラクターの“打ち出し方”

のようなものは

ふわっとした感覚のまま

書いていたんですよね。

何だか、違和感がありました。

 

 

この違和感、

コーチングと出会って、

はっきり分かりました。

 

 

すると、それからというもの。

何だか書くこと自体が

以前よりぐんと楽しくなったんですね。

 

 

じゃあ、その違和感とは何か?

と言いますと。。。

 

 

自分はどんな人間なのか?

好きなこと、嫌いなことは?

どんな価値観を大切にしているのか?

自分はどういう性格なのか?

 

 

ーーーーーーーーーーー

自分の中身を

言語化しておくことが、

できていなかった。

ーーーーーーーーーーー

 

 

これが、違和感の正体でした。

 

 

「誰」に「何」を伝えるか?

はイメージしたのですが

「自分はどんな人間なのか?」

ここを掘り下げるのが浅かったのです。

“自分らしさ”がぼやっとしていたんですね。

 

 

そこに気付いて、

じっくり向き合ってみてからは

以前より“自分らしさ”を

ラクに表現することができるようになりました。

 

 

自分らしさを出すことができると、

やっぱり、書くのが楽しいんですよね。

文章に人間性が現れてきます。

 

 

「何気ない、ちょっとしたテーマでも

しっかり伝わりますね」

と感想を頂けたりしました。

 

 

逆に、自分らしくない場合。。。

 

 

何だか無理に背伸びをしすぎていたり

誰かの真似になっていると、

「自分の本当の気持ち」

「本当に伝えたいこと」

が文章に現れなくなります。

 

 

また、ただのノウハウや

本に書かれてあること

というような

“情報”に見られてしまって

 

 

何だか勉強にはなるけど

“心”には残りづらい。。。

という感覚のものに

なってしまいます。。。

 

 

「自分はどんな人なのか?」

を言語化しておくって

もしかしたら

「ちょっと面倒だなぁ。。。」とか、

あるいは

「自分のことや気持ちを表現するのが苦手」

という方もいるかもしれません。

 

 

一人で考えるのは難しいことも

あります。

そんな時は、人に聞いたり、

性格診断を受けたり

コーチングを受けたり。。。

自分だけでやる必要はありませんからね^^

 

 

少しでも“あなたらしさ”を

出すことで、共感してくれる方も

増えます^^

 

 

自分はどんな人間なのか?

“自分らしさ”を

ライティングで表現することって

 

 

たくさんの人が情報発信している

この世の中で

とっても大切なことです。

 

 

ぜひ、自分とじっくり向き合って

言語化してみてください^^

 

 

あなたらしい世界観がこもった、

魅力のあるメッセージに

だんだんと、変化していきますよ^^

 

 

それでは、今日も応援しています!

Webライティング

LINE@でもお役に立つ情報を
お伝えしています!

↓友達追加はコチラから↓

友だち追加

成宮 隼をフォローする
世界観コーチング 副業スタートアップ講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました