コレを組み込むだけで商品はもっと魅力的になる!そのポイントとは?

強みを活かす

おはようございます!

成宮です^^

 

 

昨日は毎月受けている

グループコンサルの日でした^^

 

 

いつも、よりよい方向に導いてくれる

存在のありがたさ。

 

 

色んな気づきがあり、

とっても心地よかったです^^

あいまいだったことが明確になって

どんどん行動したくなりますね!

 

 

自分もクライアントさんにとって

常にそうあれるように。磨いていきます^^

 

 

さて、今日は前回の続きです。

 

 

相手の方が安心して購入できるような

確信度合いの高い商品を作る。

 

 

自分にとっても、相手にとっても

魅力的で質の高い商品を作る。

 

 

そのために、前回は

自分の強みやリソース、

自分が変化・変容したことを

商品の形にする。

 

 

ということをお伝えしました^^

 

 

そして、もう1つ

確信度合いの高い、

魅力的な商品を作るために

大事なポイントがあります^^!

 

 

早速、お伝えしますね!

 

 

―・―・―・―・―・―・―・―・―
人から教わった再現性のある技術を

“自分ごと化”して商品に組み合わせる
―・―・―・―・―・―・―・―・―

 

 

セミナーや講座で学んだもの

本で読んだものでも

何でも良いです。

 

 

あなたが「自分にはこれが必要だ!」と思うもの。

それを何か1つ、

徹底的に“自分のもの”にしましょう

 

 

“自分のもの”というのは

具体的にどういうものかと言いますと。。。

 

 

例えば、テニスやばバスケットボールなど

好きなスポーツを1つ、思い浮かべてください。

 

 

初めてそのスポーツをする時に

人がやっているのを見たり

本や動画でどんな動きをするのか見たり。

まずは、見て聞いてインプットしたとします。

 

 

さて、この状態で実際に試合をやってみて。。。

上手くできるでしょうか?

 

 

はい。よほどの天才じゃなければ

難しいですよね!

 

 

実際に自分で体を動かして

練習を重ねるからこそ、

具体的な体の使い方が

感覚的にも理論的にも理解できていきます。

 

 

すると、今度は自分の言葉で

人に教えられるようになりますよね。

 

 

商品を作る時も同じなんです。

最初、教わったときは

ただの“情報”でしか、あなたの頭の中に存在しません。

 

 

それを実際に自分が実践してみて

「自分の場合はこんな感じかな」

「こういう時はこのように使うんだ」

 

 

そうやって、どんどん“自分ごと化”する

“臨場感を得る”

 

 

まるで自分の商品のように

人に教えて提供できる状態まで

自分の体の中に浸透させるんです。

 

 

これによって

“既に結果が出ている”

効果的な技術やメソッドを

自分のものにして、相手に提供できます。

 

 

これを自分の強み、変化変容と

掛け合わせて、商品にします^^

 

 

―・―・―・―・―・―・―・―・―

自分の強み × 再現性のある技術

―・―・―・―・―・―・―・―・―

 

 

これで、とってもパワフルな商品が完成します!

 

 

相手の方を導くことができて

高い確信を持って、相手に提供できますよね。

 

 

私の場合は、松尾可奈さんというコーチの元で学び、

“やわらかセールスコーチマスタートレーナー”として

習得したものを組み込んでいます。

 

 

これを、クライアントさんも使いこなせるように

お伝えしています^^

 

 

―・―・―・―・―・―・―・―・―
人から教わった再現性のある技術を

“自分ごと化”して商品に組み合わせる
―・―・―・―・―・―・―・―・―

 

 

自分にとっても、相手にとっても

魅力的で質の高い商品を作ることができます。

 

 

「絶対にクライアントさんは成果を出す!」

 

 

この確信が高ければ高いほど

思いは相手に無意識に伝わります^^

 

 

今回は商品作りで

とても重要なことをお伝えしました。

 

 

ぜひ、あなたも。

クライアントさんのために、

そして自分のためにも、

心から提供したいと思える

素敵な商品を作ってくださいね!

 

 

それでは、今日も素敵な一日にしましょう^^

 

 

強みを活かす

LINE@でもお役に立つ情報を
お伝えしています!

↓友達追加はコチラから↓

友だち追加

成宮 隼をフォローする
世界観コーチング 副業スタートアップ講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました