「高いと思われたらどうしよう」とセールスでお悩みの副業コーチの方へ

 

 

成宮です^^

 

 

気が付けば12月ですね!

セッションやZOOMの打ち合わせなどで

ここ最近バタバタしておりました。

 

 

実は最近、思いがけず嬉しいお話を頂き、

今月から新しいことに取り組むことになりそうです^^

 

 

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

「セールスにブレーキがあるんです。。。」

という相談を、ここ数日で続けて受けておりました。

 

 

「高いと思われたらどうしよう」

「高くして嫌がられたらどうしよう」

 

 

相手の反応が気になって

思うような価格がつけられない。

という悩み、ありますよね。

 

 

このブレーキが弱まると、

自分にとって妥協のない価格を

堂々と見込客の方に見せることができます。

 

 

さらに、ご契約に繋がれば

相手の方にしっかり貢献しながら

自分もステップアップしていくことができますよね。

 

 

初めに大切なことをお伝えします。

 

 

―・―・―・―・―・―・―・―

意識を向ける場所を変える

―・―・―・―・―・―・―・―

 

 

です。

 

 

私だって、最初の頃はもう、

料金表を見せるだけで

めちゃめちゃ緊張していました。笑

 

 

100人規模の講座のサポートに入っていますが

最初は皆さん同じように

緊張されるところからスタートしています。

 

 

今回お伝えしたいのは、

 

 

「“高い”とは何に比べて“高い”のか?」

 

 

ということです。

 

 

相手の反応やお財布事情で

考えてしまうと

相手がよほど経済的に余裕がある人じゃない限り

不安やブレーキは消えません。

 

 

富裕層と呼ばれる方々だけを

クライアントにするのでしたら

問題ありませんが

 

 

そうではない方が多いですよね。

 

 

相手の経済事情は

もちろん考慮した方が良い部分です。

でも、“意識を強く向ける部分”ではないんです。

 

 

相手の反応ではなく、

 

 

“自分が積み重ねてきたこと”や

“相手が得られる価値”

 

 

そこに焦点をあてると、

どうなるでしょう?

 

 

あなたが持っている価値。

それを提供することで

相手が得られる価値。

 

 

例えば、高額の投資をして

一生懸命学んだことや

5年10年かけて培った経験などを活かして

相手のために作った商品。

 

 

これを提供するとしたら、

そこにはどれくらいの価値がありますか??

 

 

自分が心から価値を感じるものを用意して、

その素晴らしさをまずは自分が受け入れて、

相手のために提供する。

 

 

「高いとは何と比較して高いのか?」

 

 

意識を向ける場所と

基準を変えていきましょう^^

 

 

「高いと思われたらどうしよう」

「高くして嫌がられたらどうしよう」

という不安に惑わされなくなります。

 

 

セールスへのブレーキを弱める方法は

これだけではありませんが

1つの大事なマインドセットです^^

 

 

 

集客やセールスが苦手で
自分を発信できない
副業コーチ・コンサルタントの方へ

 

Copyright© リレーションシップ副業スタート , 2018 All Rights Reserved.